悩んでます・・・

私が抱える悩み

6月 24th, 2016 at 11:15 AM

自分からどんどん人と会話をして楽しむことができない苦痛

私は初めて会う人と会話をすることが本当に苦手です。
特に、旦那に連れられて誰かの家に行くということが、本当に苦痛です。

海外在住なんですが、海外在住だと大抵パーティーに旦那が招待されると、一緒に行くことが当然という雰囲気なんです。
しかも、言語はスペイン語なのですが、いまだにスペイン語に慣れていないので、本当に誰かの家に招待されるということが苦痛で仕方がないんです。

私たちの結婚式はハワイだったのですが、その当時二人ともお金が無かったので、お金を借りて挙式をしました。
日本語も通じるし、そんなに他の人と話をしなくてもどうにかなると思ったし、英語にも興味があったし、ハワイはとても心地よいお気に入りの場所になりました。
(挙式をお考えの方はコチラを参考に≪ブライダルローン≫)

ですから、海外に行くのには抵抗がなかったし、語学上達のためには、とにかく話す以外に上達の方法はないのは誰よりもわかっているんです。
ですが、初対面の人とペラペラと何か話をするのも苦手だし、スペイン語ということもあって余計に話をするとっかかりが難しい。

こんなとき、本当に話好きな人が羨ましく、あまりに重度な状態になると妬ましくさえ思えてくることがあります。
その人に罪はないのですが。

誰とでも気軽に話ができないので、こちらが何かを言おうとしている時に、すでに相手がイラっとし始めてストレスになることさえあります。

それでも、この状況をいつまでも続けるわけにはいかないので、とにかく話し上手な人が何を話しているのかをチェックしています。
チェックしていると、話し上手な人は大抵特別なことなんて話していないんです。
天気のことだったり、自分の子どものことだったり。
それでもそれを簡単に話に持っていけるというところが、私からしたらすごいんです。

本当にどうしようもないと思ってしまうのですが、最近ではそういった雑談っぽい話を自分で常に考えています。
天気の話なんかは本当に身近なことなので、以前よりは話ができるようになりました。

それでも、いまだに初対面の誰かと話をするのは大変です。
たとえ話のとっかかりができても、天気の話をして次に続かなくて沈黙が流れるとかいうこともよくあります。

とにかく話せ、といろんな人からプレッシャーをかけられますが、無理なものは無理です。
日本語でさえ雑談というものが苦手なのに、ましてやスペイン語なんてハードルがそもそも高すぎるんです。

それでもスペイン語圏に住んでいる以上は、スペイン語ができなければどうにもならないので、とにかく話をするようにはしています。

まずは、自分で考えて改善しようとしないと何もかわらないので、人と積極的に会う機会を作るよう努力しています。
旦那はスペイン語ができるので、なるべく近くにいるようにして助けてもらいながら、海外生活を楽しもうと思います。

-

 

RSS feed for comments on this post | TrackBack URI

CAPTCHA